鼻修正を考え始めたら絶対に知っておきたい知識をまとめました

鼻修正

鼻修正の種類は?

美しい女性

整形の文化がない日本でしたが、整形大国の韓国の影響により、だんだん増えてきました。目は二重テープやアイプチなどの道具により化粧感覚でされている方が多くなりました。しかし鼻は整形するしか形を変えることが出来ません。そこで鼻整形・鼻修正の施術の種類について紹介したいと思います。
「鼻根部」・ヒアルロン酸…切らずに短時間でシャープな鼻に。・SBCソフトプロテーゼ…半永久的に高い鼻に。・他院修正…他院で受けたけれど納得いかなかった場合の修正。「鼻尖部」・鼻尖形成術…団子鼻や大きい鼻を小さくシャープに。・切らない鼻尖縮小術…切らずに団子鼻を修正、鼻先を高く。・鼻中隔延長術…ぶた鼻を解消し、鼻の穴を見えにくく。・切らない鼻中隔延長…切らずにぶた鼻の解消や鼻の穴を見えにくく・ハイブリットプロテーゼ…鼻全体をプロテーゼを入れて理想の鼻に。・鼻尖部軟骨、人工真皮移植…鼻先を耳の軟骨や人工真皮を用いて鼻を高く。
「小鼻・鼻翼部」・小鼻縮小…小鼻が笑ったときに横に広がったりするのをなくす。・切らない小鼻縮小術…切らずに小鼻の横の広がりをなくす。・鼻腔内切開…小鼻を小さく、横の広がりをなくす。「鼻の穴」・鼻孔縁下降術…鼻の穴を目立たなく。・小鼻縮小…小鼻の内側を切り小さい鼻に。・鼻尖形成術…団子鼻の解消。「鼻柱部」・鼻柱下降術…鼻柱を下げ美しい鼻に。・鼻柱挙上術…鼻柱を上げ美しい鼻に。「鼻背部」・ワシ鼻修正術…ワシ鼻を解消。・斜鼻修正術…曲がった鼻をまっすぐに。・鼻骨骨切り術…鼻の骨を切り小さく。

鼻修正を受けるにあたり、最低限の知識

自身の鼻が気に入らなかったり、事故などの外的要因で顔が歪んでしまうなど、ここでは鼻に関しての事を記しますが悩みは尽きない物ですね。そんな中で手術による鼻修正に踏み切るための基礎知識を説明していきます。
まず手術による鼻修正は「ヒアルロン酸注射」、鼻を切開する「外側法」「内側法」そして人口骨を鼻に挿入する「プロテーゼ挿入手術」という物に分けられます。手っ取り早く短期間で行いたいのならヒアルロン酸注射なのですが、ヒアルロン酸は1~2年で体内に吸収されてしまう特性があるので長期性はありません、ですが費用は一番安いです。
そして鼻を切開する外側法、内側法は鼻をどういった形に修正した以下で内容が変わり、外側法の方が効果が高く、しかし術後の腫れが長引ます。内側法は鼻の内側にメスを入れるので傷跡は目立ちませんが、限られた部分にしか効果はありません。どちらも一長一短という事なのです。
そして最後にプロテーゼ挿入、人口骨を鼻に挿入し鼻筋を高くしたり整える鼻修正です。効果が高く、長期性も見込める手術ですが、やはり鼻に物を入れて行う手術なので、ふとした衝撃などで鼻を突き破って人口骨が出てしまうことがあるようです。鼻修正手術は人生において重要な決断となりますので、しっかり時間をかけて医師と相談し手術を行ってください。

鼻修正のリスク管理

鼻を整形することはメリットばかりではありません。鼻修正で失敗した、やらない方がよかった、などの否定的な感想もよく耳にします。ここでは、そんな鼻修正のリスク管理についてまとめました。
まずは、整形につきものの、「失敗」です。自分の顔のパーツを少しいじることで、理想的な顔に近づけることのできる整形は確かに魅力的です。しかし、美容整形には少なからず失敗例も存在します。きれいになりたくて行った手術で取り返しのつかない顔になってしまっては元も子もありません。少しでもリスクを減らすために、整形を受けたいと思っている人自身が知識をつけることが大切です。整形をする時に、なりたい自分を想像して医者にすべてを任せるのではいけません。利用者の方でも、どんな方法が自分の目的に合っていそうか、リスクはないか、手術してもらうのは信用できる医者かなどの下調べが重要です。
鼻修正のデメリットの二つ目は、「メンテナンス」です。鼻修正は、その目的によって手術方法が大きくことなります。簡単な手術で済む場合もありますが、長期的なメンテナンスが必要な場合もあります。なりたい自分だけを見るのではなく、修正後の生活にも目を向けなければなりません。
美容整形は、比較的規模の小さな手術が多いですが、手術であることに変わりはありません。事前の下調べを怠らず、しっかり医師と相談しましょう。

小さく鼻修正して自信を取り戻す

自分の鼻にコンプレックスを抱いている人は結構多いです。鼻は必ず人から見られるものですし、鼻自体がすごく大きかったり鼻は小さくても鼻穴が大きかったりという悩みを持つ人は意外と多いのです。実は鼻を縮小する鼻修正手術ができるということを御存じでしょうか。小鼻縮小手術といわれるもので最近は多くの整形外科でも取り扱うようになっているほど一般的な鼻修正手術なのです。今回はこの小鼻縮小手術のことについて述べてみたいと思います。小鼻縮小手術には大きく分けて2つの方法が存在します。内側法と外側法と呼ばれるものです。内側法とは鼻の中から手術をするもので、あまり傷跡などが残らないというのが特徴です。ただ、この鼻修正法は医師の技術が必要になってくるのでどこでもできるというものではないのです。外側法はその名の通り鼻の外側からメスを入れて鼻を縮小しにかかります。鼻の要らない部分を切り落とし、その後に縫い合わせるという手術のため傷跡が残る可能性があるのです。これもひとえに医師の技術にかかっています。小鼻縮小手術の注意点としては、傷跡が残ってしまう可能性があるということです。これを避けるためには内側法が良いと思いますがあまり一般的でないため探すのが難しいといえるでしょう。また一週間から一ヶ月ほど腫れや違和感があるということにも注意が必要です。小鼻縮小手術には注意すべき点も存在するのです。


コムロ美容外科クリニックは鼻修正専門外来です。鼻筋を通したい、顔全体をスッキリしたい、小鼻を手に入れたいという方におすすめです。切る施術と切らない施術がありますので、抵抗を感じている方にも安心できるのです。切らない施術は大変安全で、痛みも腫れもなく直後にメイクも可能なのです!鼻を綺麗にすることで、顔立ちがはっきりし、美しいお顔にもなるのです!ぜひ無料カウンセリングであなたのご来院をお待ちしております。

NEWS

INFORMATION

鼻を修正することについて

顔のコンプレックス、ここでは鼻の事を話しますが、歪んでいたり小さかったり大きかったり形が悪かったりと、様々な鼻についてのコンプレックスというのは存在します…

日本人の鼻の形3種類

顔の全体的なバランスを大きく左右する鼻。そんな鼻の形には様々なものがあります。その中でも、日本人にはある3種類の形が多いと言われています。団子鼻、豚鼻、ロ…

鼻の修正手術としてあるのが

鼻の整形手術はいくつも種類があります。まず、メスを入れることに抵抗感がないのであれば、そのほうが何かと綺麗にやることができますから、そちらのほうがお勧めで…

TOP